浴室における水のトラブル予防策

水のトラブルは、日常生活でも予防することが出来ます。お風呂も例外ではありませんので、いくつか紹介します。

■髪の毛が流れないための工夫

まず、排水口にヘアキャッチャーを設置することが一つの方法です。近年の賃貸物件や一戸建て住宅をした際には、予め設置している場合が多いです。しかし、賃貸物件を含めても築年式が古い建物の場合には、簡素なフタだけをしている場合もあります。この場合は、髪の毛は排水口に流れてしまいますから、詰まりの原因となります。
ヘアキャッチャーは市販のものを使用しても問題ありません。サイズは数種類ありますが、ホームセンターなどで排水口のサイズに合ったものを購入すると良いでしょう。

■塩素系薬剤による清掃が効果的

塩素系のパイプクリーナーを定期的に流し込むことも必要不可欠です。アルカリ性のパイプクリーナーは、髪の毛はもちろん石鹸やシャンプーなどの石鹸かすなども溶かしてくれます。もちろん、使用上の注意はあらかじめ確認することが必要です。
ただし、築年数が古い建物の場合は鋳鉄管タイプの排水パイプがあります。その際に使用すると穴をあけてしまう可能性があるため危険です。賃貸物件の場合は、住居トラブルにもなりかねません。あらかじめ管理責任者に確認すること、もしくは水道業者に依頼するなど建物に合わせての対応が必要です。

■まとめ
日常生活において、水のトラブルが起こりやすい箇所の一つであるお風呂は、日々の清掃・点検で予防することが出来ますが、築年数の古い建物の場合は注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ