パイプクリーナーによる水のトラブル解決策

水のトラブルの際に、お風呂の詰まりを直す場合にはパイプクリーナーによって直すことも、選択肢の一つとなります。その概要について紹介します。

■パイプクリーナーの使用方法

使用する際には、排水口のフタを開けて部品を外します。ヘアキャッチャーも簡単に外れる場合が多いです。水がおおむね引いたことを確認してから、パイプクリーナーを注ぎます。そして、指定時間放置して水を流してください。水が溜まった状態で使用すると、詰まりの原因の箇所に薬剤が行き届かなかくなります。その結果、洗浄剤の成分が水で薄まり効果が半減します。放置しすぎても詰まりを悪化させることに繋がりかねません。




■固形物には効果がない

一方で、パイプクリーナを使用しても効果が発揮できない場合もあります。古い建物の場合は、レンガ片などが流れてしまいますが、溶かすことはできません。お子様が間違っておもちゃなどの固形物を流してしまった場合も同じです。その他としては、排水管の手入れを長年していなかった場合も、効果をもたらすことが出来ません。




■まとめ
毎日お風呂を使用した際には、髪の毛や薬剤が排水管に流れています。汚れが付着したものを長年放置することで固まってしまい、排水管をふさいでしまいます。排水管内全体が汚れと毛髪を占拠してしまっていると、パイプクリーナーを使用しても効果はありません。その場合は、専門業者に依頼して対処するようになります。水のトラブルを防ぐには、定期的にパイプクリーナーを流すことも一つの方法ですが、固形物には対応できないことを覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ