お風呂だけではない、水のトラブルの発生

水漏れなど、水のトラブルはどのご家庭でも発生し得る問題です。分かりやすく急に水道管から漏れ出した、といったこともあれば、水が少し漏れ出してしまっているといったこともあります。
後者の場合は発覚しづらく、常に湿っているため確認してみたら水漏れだった、水道代を確認して初めて発見した、といったこともあります。大切なのは、少しでも水漏れかもしれない、と思った際に迅速に確認を行うことです。

■様々な水のトラブルの見分け方

水のトラブルが発生する場所としては、浴室やキッチン、トイレなどが多数を占めます。日常的に使う場所の水漏れは分かりやすいものの、排水管などは普段目にする機会が少なく、もしも少しずつ水が漏れている場合は発見が遅くなることがあります。発見が遅くなればなるほど、床が湿りだすといった二次トラブルが発生しやすくなるため、少しでも傾向がある場合は放置せず、一度確認してみることが重要です。
定期的に確認したい、という場合には水道のメーターを確認することが一番の近道です。契約している水道局によっては毎月水漏れの状態もチェックしてくれるところがありますが、そうでな場合は自身でチェックが必要です。まずは家族が全員でかけている時など家の中で水道を使わない状態で、小さなプロペラがついているパイロットと呼ばれる箇所を確認します。このプロペラが回っていることが、どこかで水が使われているサインです。誰も水を使っていないはずなのにプロペラが回っている場合、水漏れを疑いましょう。

■水のトラブルを見つけた場合

少しでも水漏れがある場合、ご自身では直すことができないことも多いため、すぐに業者に連絡をして確認してもらうことがおすすめです。応急処置として、水の元栓を締めておくと被害が拡大することを食い止められます。水道メーターのところに止水栓というバルブがあるため、これを回して締めておきます。
これはお風呂であってもキッチンであっても全ての水の動きを止めることができるため、業者が来るまでは水が使えないことを承知の上で対応が必要となります。特にお風呂の場合はキッチンなどよりも分かりづらい構造となっているため、出来るところは自分で対応しても問題ありませんが、給湯器 交換など専門性が高い修理については業者の方にお願いすると良いでしょう。

■まとめ
水のトラブルが発生した場合、生活にも大きく影響が出てきます。特にお風呂場、トイレなど必要不可欠なところに関しては慎重な対応が必要です。自分で対処してみる場合も、正確な知識を持って対応を進めましょう。
業者に依頼する場合は、対応の範囲などを確認した上で迅速に行動することが大切です。快適な生活を送るためにも、きちんと対応しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ