水のトラブル解決には道具の使用もおすすめ

水のトラブルの代表ともいえるお風呂の詰まりには、道具を使用することでも修理に一役担います。使い方について紹介します。

■ラバーカップで圧力をかける

ラバーカップは、ゴムの部分が水に浸かっている状態で高い効果を発揮するため、排水口部分に少量の水を溜めて使用します。ラバーカップをあてて上下に動かすことで、排水パイプに圧をかけます。排水口にしっかりと押し付け、空気や水の抜け道をつくらない用に使用することがポイントです。トイレ 水漏れや詰まりにも使用できます。
しばらく圧をかけると、付着した汚れや髪の毛の量が軽度の場合は流れていきます。しかし、固形物や汚れが強度の場合には、流れることが出来ません。その際には、パイプクリーナーなどの薬剤を投入ししばらく放置して汚れを溶かします。指定の時間が経過したあと、再びラバーカップで圧をかけます。それでも水が流れない場合には、専門業者に修理を依頼します。

■ワイヤーブラシで詰まりをかき出す

市販のワイヤーブラシでも、詰まりを修理する際には一役担います。特に排水管の構造に合わせて曲げられるものや、太さに合わせてブラシが入りやすいものだと効果が発揮できます。ブラシを排水管にあて、数回回したら引き抜く作業を繰り返します。汚れが除去されて、詰まりを解消することが出来ます。しかし、汚れの箇所が深いところになると対応が困難です。
また、築年数が古い建物や賃貸物件においては、排水管に穴をあけてしまい、漏水事故に繋がりかねません。あらかじめ管理責任者に確認をした上で、水道業者による修理などが必要です。

■まとめ
水のトラブルには、各種道具の使用でも修理が出来ますが、対応を間違えると二次被害に繋がりますので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ