排水管の構造と水のトラブルの原因

排水管の構造と水のトラブルの原因 水周りにおいて、毎日の生活の中でお風呂の使用は欠かせません。お風呂周りでの水のトラブルが発生した場合、トラブルをすぐに解消できなければ、自宅のお風呂を使えない状況が続いてしまいます。水のトラブルは出来る限り迅速に対応したいため、きちんと業者にお願いして直してもらうことが重要です。いざという時のため、お風呂の排水管の構造やトラブルの主な原因について知識を持っておくのも良いでしょう。

■臭いなどを防ぐ排水トラップ

お風呂をはじめ、排水管にはS字、P字に曲げた構造の排水トラップがあり、その部分に常に水が溜まった状態となるようになっています。トラップ内に溜まった水がふたの役割を果たし、下水に溜まっている髪の毛や石鹸の臭い、ゴキブリなどの害虫が排水管からつたって屋内に侵入することを防ぐ効果があります。
近年の建物及びユニットバスの造りのお風呂の排水溝には、おおむねドラムトラップの形をとっています。長方形の形をしていて、フタを開けると中に排水口が見えます。他の形状に比べて多量の水を溜めておけるため、トラップ内の水が乾燥して役割を果たさなくなるというリスクも少ないです。椀トラップは、目皿とプラスチック製の椀がネジで止められて一体化した構造です。古いタイプでは、鉄製のものを使用していることが多いでしょう。

■排水溝が詰まる原因
排水が詰まるなどのトラブルの原因はいくつかあります。お風呂のトラブルにおいて多く見られることは、髪の毛です。シャンプーの際に抜け落ちた髪の毛が排水トラップや受け皿に大量に溜まることで、詰まりの原因となります。排水パイプの内側に付着したネバネバした汚れは、皮脂汚れや石鹸カスなどがヘドロ状態になってこびりついたものです。シェービングクリーム流すことでも、ヘドロ状の汚れがつく原因となります。特に髪の毛と一緒に流してしまうと、受け皿に絡みついた髪の毛に石鹸カスなどの汚れが蓄積し、やがて排水管の詰まりに繋がります。定期的な排水トラップの清掃により、水の流れを良くしてトラブルを防ぐことが出来ます。こうした汚れによって排水管が詰まった場合は、塩素系のクリーナーを使用して髪の毛や蓄積したヘドロ汚れを溶かしてしまうことが有効です。

■築年数が古い家は要注意

古い建物の住居の場合においては、排水口や排水トラップに受け皿などがなく、ダイレクトに排水管へとつながっている場合があります。そこでのレンガやタイルなどが老朽化によって剥がれ落ち、その破片が流れることで床下の排水管に溜まってしまうことでも、詰まりを引き起こします。この場合では、ホームセンターなどで販売している修理用具などを使用しても、自力では除去することは困難です。水道業者による屋外の点検口から水周りの高圧洗浄をすることで、おおむね解決します。しかし、いずれは詰まりを引き起こしますから、固形物が排水管へ流れ込まないよう目皿の代わりの用具をホームセンターなどで購入して、詰まりを防ぐことが一つの手段です。
また、鋳鉄管タイプの排水管が使用されていることもあり、こうした素材の場合は錆びや腐食によって穴が開いて水漏れが発生するなど、さらに被害が拡大してしまうリスクも高いです。老朽化が激しいのであれば浴室のリフォームなども視野に入れて検討することをおすすめします。新しい浴室へリフォームをすることによって、毎日のお風呂が快適なものとなります。

■まとめ
水周りのトラブルにおいて、毎日欠かさず使用するお風呂では、排水管の詰まりが発生する可能性は非常に高いです。排水トラップの設置、定期的な清掃やメンテナンスを行うことによって、詰まりを起こしにくくします。古い建物の場合は、リノベーションを含めて対処することも一つの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース